永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

永久脱毛は、基本的に体に悪い作用がないことが人気の理由であり、最近では皮膚ガンなどの病気や肌トラブルのリスクに備えるために、様々なレーザー治療のメリットについて注目が集まっています。
また、副作用の心配を解消したい場合には、赤外線を利用した施術が行われているクリニックに対応を依頼することが肝心です。
その他、日本医学脱毛協会に加入をしているクリニックの取り組みを調べることで、誰しも理想的な契約先を選ぶことができます。

永久脱毛による副作用

永久脱毛による副作用には「赤み」「火傷」「毛膿炎」があると言われていますが、どんな症状なのでしょうか。
レーザーは黒い毛に反応する為、毛根回りの皮膚に軽い炎症が起きる場合があります。肌が弱かったり、白い場合は、赤みが出る事がありますが数時間~数日で自然治癒していきます。
レーザーが肌に過剰反応すると火傷になってしまいます。「正確な強さ設定・照射の際に肌に保護用のジェルを塗る・日焼け止めクリームを使用して保湿する」という3つの方法でリスクを抑えていますが、
施術後、ニキビのような白く膿んだプツプツ、毛膿炎が現れる事があります。日頃からニキビのできやすい体質の場合、この症状が出やすくなります。
実際は、どれも施術時に一時的に起こる炎症がほとんどですが、クリニックでは、万一、赤みや火傷がひどくなった場合は塗り薬、毛膿炎には塗り薬と飲み薬を使ってアフターケアをしてもらえます。

永久脱毛で汗が増える?

永久脱毛の口コミで時々見られる副作用として、ワキ汗やワキガがありますが、実際には勘違いであり、心配することはありません。脱毛をすると、わきの毛がなくなり、汗が直接シャツにつくので、たくさん汗をかくようになったと錯覚する人も多いです。そして、その汗が臭いを放つとワキガのような気がするのです。それを防ぐためには、脱毛をしたら、汗を拭く習慣を身につけ、清潔に保てるようにすることが大切です。そうすると快適です。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

カミソリでのムダ毛の自己処理は面倒と言う理由で、永久脱毛をされる女性は多くいます。そもそも永久脱毛とは、レーザーで毛根にある毛を再生させる組織を熱で破壊することです。毛を再生させる機能をなくすことができるので、二度と毛が生えなくなります。ただレーザーの熱はとても強いので、稀に肌トラブルが起きる可能性もあります。例えば、熱による肌の乾燥、皮膚の赤み、軽い火傷などです。特に敏感肌、アトピー肌などの方は、免疫力が低いので、レーザーの影響を受けやすいです。そのため、施術後は肌トラブルが起こりやすいです。トラブルを防ぐには、事前に十分にカウンセリングの時間を取って、安全に脱毛ができるのか担当医に肌の状態を確認してもらうといいです。

永久脱毛 大宮 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です